くりっく365の確定申告 詳細情報 他


くりっく365の確定申告 詳しく解説

私は今から数年前にFX(外国為替証拠金取引)を始めました。
それまでは株取引をしていたのですがあのライブドアショックで
資金の多くをなくしてしまい、思うように取引ができなくなってしまったのです。

スポンサードリンク

株をやったことのある人ならわかると
思いますが株を現物で取引すると
結構な金額が必要になるのです。

例えば20万円で取引を開始したとしましょう。
株は低位株でも100円くらいはするので20万円なら
2000株変えます。
しかし200円くらいの株が1日に動く値幅は
高々知れています。
仮に5円上がっても1万円しか儲かりません。
それも目いっぱい利ざやを取っての話です。
普段はこれほどうまく抜けないはずです。


それの比べてFXなら20万円あればかなり大きな取引ができます。
20万でもレバレッジが20倍かかれば400万円分の取引ができるのです。
あと、スワップ金利や売りからは入れるとかFXには様々な利点が
あるのですがただ1つ難点があるのです。

それは特定口座がないため確定申告が必要なことです。
通常FXで儲けたお金は総合課税の雑所得となるので累進課税が適用されます。
巷ではよくFXの脱税事件が発覚しますが、これも1つにはFXが税制面で
やや不利に感じる部分があるからかもしれません。

しかし金融先物取引所が運営するくりっく365では分離課税になるため
税率が20パーセントで固定されるのです。

唯一税制面で不透明感のあったFXですがこのくりっく365で取引すれば
憂鬱だった確定申告もスムーズにできるかもしれません。

破綻したFX業者とリスク回避について

私は数年前からFX(外国為替証拠金取引)をしています。
取引業者はひまわり証券というのですがこの会社は日本で始めて
個人向けにFXを取り扱ったことで有名なのです。

そもそもFXというのは今のような小口で個人が取引できるものでは
なかったのですが今から約10年前に外為法が改正されたことにより
一気に身近なものになりました。
私はこのFXを始めたときあまりの便利さに「これは近い将来株式取引に
変わる金融商品の主力になる!」と確信しました。
そしてそれは今や現実のものとなり株式投資よりも手軽に誰もが始められる
金融商品となったのです。

しかしその反面、規制緩和の影響で次々と新規のFX業者が参入してくる
結果となり脆弱な体力のFX業者が破綻するといった事態も招いているのです。
破綻したFX業者の情報などはインターネット上のホームページやブログで
調べることが可能ですが、やはり自分の大事な資金を投入するわけですから
できるだけ名の通った大手、あるいは長年運営を続けているFX業者を選択
しておいた方が良いでしょう。

また、株式と同様に我々がFX業者に資金を投入した場合、その資金は
信託保全されているケースがほとんどです。
FXを始める際に業者のホームページを良く見て顧客の資金が安全に管理されているか
どうか最初に確認しておいてから始めることをお勧めします。
また、複数のFX業者を使い分けて自己資金を1つに集中させないこともFX業者の
破綻により自己資金を失わないための賢い方法といえるでしょう。

くりっく365の確定申告や破綻したFX業者情報以外にも、お役に立つ情報がありましたら、また掲載いたします。