成人病 生活習慣病の予防献身 検査などについて


生活習慣病の予防献身について詳しく解説

現代社会はストレスが大変たまりやすいものです。
いや、実際には大昔から人々はストレスをたくさん抱え
皆生きてきたのでしょう。しかし社会で生きていくためには
いろんな人との付き合いやしがらみを避けて通ることはできません。

スポンサードリンク

なのでここはいかに日々のストレスを
軽減しながら健康的な生活習慣を維持する
努力を各個人がするかということがカギに
なっていくような気がします。

一昔前までは成人病といわれたがんや
心臓病といった病気は今では生活習慣病と
言う名前で呼ばれることが多くなりました。
生活習慣病とは読んで字のごとくその
生活習慣から来る病状、症状のことです。
つまり逆に考えると生活習慣を改善することで
予防できる余地はあるわけです。


みなさんが通う会社の予防献身でも血液検査や血圧測定をすることが
あるでしょう。これによりコレステロールや中性脂肪などの異常、
あるいは血糖値や血圧の異常を知ることができるのです。
また生活習慣病のもっとも効果的な予防はなんと言っても食生活だと思います。
肉や魚などの油っこい食べ物は食感もありおいしいのですが食べすぎるとよくありません。

できるだけ野菜や大豆類を中心としたあっさりとした食生活に努めるべきだと
思います。そもそも日本の古来の食事というものはとても身体に考慮したもの
だったはずなのです。それが近年の欧米化により徐々に食生活が偏ってきたのでは
ないでしょうか。

人間に限らずどんなものでもメンテナンスを怠れば長持ちするものでも
早く壊れてしまいます。
人間の身体も日々の摂生が大事なのは言うまでもありません。


成人病や検査

このところの保険のコマーシャルを見ているとよく成人病、
あるいは3大成人病などという言葉を盛んに聴くことがあります。
この3大成人病というのは主にがん、脳卒中、心臓病と言われていますが、
これらは40歳以降から発病する確率が高くなるため成人病という名前が
つけられたと言われています。

しかしこれらの病気は子供の頃からの長年の生活習慣により発病する可能性が
高くなるという説が有力になったため最近では生活習慣病という名前でも
呼ばれるようになりました。
確かに最近の死亡原因を見ていてもこれら3大成人病といわれる病気が
多いように感じられますね。

若いうちから早めに病院へ行き、主治医を見つけた上でマメに検査をする習慣を
つけておくに越したことはないと思います。
成人病は生活習慣病という名前で置き換えられるくらいなのでその予防手段は
やはり生活習慣の改善にあるといえるでしょう。
特に大事なのはなんと言っても食事にあります。
カロリーが高くコレステロールがたまりやすい食べ物はなるべく少量に
とどめておいたほうがいいと思います。
最近はこのような健康に気をつけた食材も多く、食品や調味料の成分が
事細かにパッケージなどに書かれている場合も多いです。

元来、日本人は魚や、野菜。豆腐などの大豆類を好んで食べていました。
なので日本古来の食事メニューに徹していれば成人病という病気にはさして
困ることはないと思うのです。
田舎のおじいさん、おばあさんがいつまでも長生きで健康なのは
きっとこのあたりに原因があるのでしょうね。

成人病や生活習慣病以外の情報も、お役に立つ情報がありましたら、また掲載いたします。