視能訓練士の給料

視能訓練士の給料について


視能訓練士の給料は一体どれぐらいなのでしょうか?

視能訓練士とは放射線技師などと同じ医療資格で、
視能訓練士国家試験に合格し厚生労働省の
視能訓練士名簿に記載のある人々をそう呼びます。



仕事の内容は、医師の指導の下に視覚に障害のある
患者さんに対して、両眼の機能の回復のための
矯正訓練や検査を行うといったものです。
眼科で行う視力検査や眼底検査なども行います。

最近では高齢化に伴い、視力が低下した
お年寄りのリハビリを行うこともあります。
視能訓練士のことを英語ではOrthoptistと呼び、
日本では良くORTなどと略称で呼ばれます。

視能訓練士になるための道筋にはいくつかあり、
高校・看護学校・保育士養成学校を卒業した場合には、
その後3年間指定養成所で学ぶ必要があります。

大学・短大を卒業した場合には1年間指定養成所で学びます。
ただし、大学・短大・看護学校・保育士養成学校の場合には、
2年制以上の課程で指定科目を履修する必要があります。
外国の視能訓練士免許を取得している場合には、
大臣が認定することによって日本の国家試験を受けることができます。

いずれの道筋にしても視能訓練士国家試験を合格しなければなりません。

長い時間勉強と訓練を重ねようやくとれる資格ですが、
視能訓練士の給料はどれぐらいなのでしょうか?

視能訓練士として働こうとすると、
ほとんどの場合病院に勤めることになるようです。
常勤として就職先のほかにも、開業医や総合病院での非常勤としての
職も掛け持ちすることがあるようです。

また、OMA(眼科診療補助者)等が行う眼鏡の調整も行うことがあり、
視能訓練士の給料はなかなか一概には計れません。
病院勤めのみの場合だと大体初任給で18万円から24万円といわれています。

非常勤の場合だと日給1万円ぐらいだそうです。
今のご時世からすると、雇用が安定していてやや高めな給料という感じがします。
こうした好条件のためか、視能訓練士が最近になって急増しているようです。
もっとも病院や施設によってかなり給料に開きがあります。

視能訓練士の場合は再就職に非常に有利で、
女性が多く働く場でもあります。

また、医療関係はハードな印象がありますが、
視能訓練士の場合は提示で帰れることがほとんどだそうです。

視能訓練士の給料は確かに魅力ですが、
それ以上に待遇も良いと思います。残業ほとんどなし、
初任給で18万円以上、土日祝日年末年始休みの職業なんて
ほかにはほとんどないでしょう。

視能訓練士の給料はこれからも下がることはないでしょう。
進路を考えている方は、視能訓練士になってみるのも手ですね。