インテリアプランナーの通信教育

インテリアプランナーの通信教育


インテリアプランナーの通信教育とは一体どういったものでしょうか?

インテリアプランナーとは、住宅の住みやすさや使いやすさを考え、
建て主の趣向や生活スタイルなどを考慮しつつ、居住空間全体を設計する人のことです。
似た職種にインテリアコーディネーターという職業が存在しますが、
居住空間全体でインテリアの機能性や使いやすさを考えるという点で異なっています。



インテリアプランナーはより見地sくしに近い立場で、居住空間におけるインテリアについて
設計・施工管理などを行います。従来は職務内容が近いため、建築士の資格を持っている人が
インテリアプランナーも兼ねることがほとんどでした。

最近では制度改正によりインテリアプランナーの資格を取得しやすいようになっています。
このため、女性のインテリアプランナーも次第に増えていました。

取ることが難しい資格ですが、取った後も実力で勝負せねばならず、
多くの場合は建築・設計事務所などに所属しているようです。

インテリアプランナーの資格を取るためには、財団法人建築技術者教育普及センターが
主催する試験に合格しなくてはなりません。
試験に合格し、登録を受けると晴れてインテリアプランナーとして活躍できます。

これまでは受験資格に実務経験が必要だったのですが、制度改正により
実務経験なしでも受験できるようになりました。

受験資格は20歳以上であることだけで、試験は年1回行われています。
試験は1次試験と2次試験が行われ、
1次試験は建築一般・インテリア法規・インテリア装備・インテリア施工の学科試験が行われ、
2次試験はインテリア計画の設計製図試験が行われます。

インテリアプランナーの通信教育では、これらの内容に沿って学習が行われます。
インテリアプランナーの通信教育より短期間で取りたい方は専門学校やスクールに
通うことをオススメしますが、通信教育の良いところは働きながらでも勉強できることです。

インテリアプランナーの通信教育を実際に探してみると2件ほど見つかりました。

1件はHIPSというスクールの通信講座で、全29回の講座で266,000円、
入学金16,000円で家にいながら受講できます。

もう1件は家具デザイン研究所とういスクールの通信講座で、
1〜3ヶ月とうい短い期間で講座を学ぶことができます。

こちらは入学金0円で受講料が128,000円で通信講座を受けることができます。