パソコン整備士養成

パソコン整備士養成講座について


パソコン整備士養成講座を始める専門学校や
スクールが増えているようです。
パソコン整備士とは、内閣府によって認証を受けた
パソコン整備士協会が認定する資格で、認定されるためには
同団体が主催する試験に合格する必要があります。



この資格には1級〜3級までがあり、3級がもっとも優しく、
1級が最も難しくなっています。

3級に合格するとパソコン診断士、2級ではパソコン整備副士、
1級になるとパソコン整備士として認定されます。

要求されるレベルは、3級ではハード・ソフトに関する基本的な
知識・故障しているかどうかの診断と適切な処置など、
2級ではパソコン内部のハードウェア構成に関する知識・OSの設定
・セキュリティと情報倫理について、1級ではサーバの基礎知識、
クライアント/サーバ構成についての知識などです。

3級はPC単体での基礎知識、2級では3級の知識+ネットワークの知識、
1級では2級までの知識に加えて小規模LANなどの知識が必要とされます。

SI業務を行う中堅ベンダーなどでは、SEがこういった作業を兼務することが多く、
作業場のLANやサーバなどの管理を専門に行うための職種が存在しないこともありました。

1級ではまさにこうした職種を養成するための試験といえます。
専門学校などで行われるパソコン整備士養成講座では、
PC初心者の人でも資格を取得できるようカリキュラムが組まれています。

最初はまずPCの分解・組み立てからスタートするので、
PCについての知識を根底から学ぶことができます。
このパソコン整備士養成講座を受けるだけでも、
自宅のPCを修理するための知識が身に付きます。

多くのパソコン整備士養成では、まず3級コースから始まって、
そこから2級、1級へと進むようになっています。ある程度詳しい人も
初心者も3級からスタートしますので、相互に教えあったりフォローしたりすることで、
仲間同士の結束も高まります。

パソコン整備士養成が終わる頃には、PCについてのプロフェッショナルになれますし、
IT企業に勤める友達もできているかもしれません。

自分の転職の幅を広げ、キャリアアップにつなげるためにも
手ごろな試験といえるでしょう。
パソコン整備士の試験は合格率が非公開なので、
各級の詳しい難易度は分かりませんが、
しっかりと勉強すればそれほど難しい試験ではないようです。

1級を受ける前には自宅でLinuxをインストールして
HTTPサーバを立ち上げるなどして、自学自習に努めたほうが良いかもしれませんね。