リフレクソロジストの給料

リフレクソロジストの給料は?


リフレクソロジストの給料に関心が集まっているようです。
リフレクソロジストとは、リフレクソロジー(反射療法)と呼ばれる
治療を行う人のことです。



リフレクソロジーは、足の裏に刺激を加えると
体の他の部位に変化が起こる現象を利用した治療のことで、
日本でも近年広まりつつあります。

日本で流行しているリフレクソロジーは英国式が多く、
イギリスの看護婦ルネ・ターナーによる研究と治療データの
蓄積により完成されたものです。

現在ではイギリスの保健医療にも組み込まれて、ホスピスでのケアにも
用いられています。日本においてはまだそこまでの地位を獲得しておらず、
民間医療の域を出ないのが現状です。

よく駅の構内やスーパーなどにある足裏マッサージの店舗で
リフレクソロジーが行われており、整体を行っていた診療所が
リフレクソロジーをメニューに加えている場合もあります。
日本のリフレクソロジーでは英国式と台湾式がありますが、
足の裏のどの部分が体のどの部分に対応しているかを示す
フットチャートと呼ばれる図表があり、これらは科学的に検証されたものを
強要しているため、英国式でも台湾式でも押す部分は同じです。

触れる強さ・治療の手順などで相違点が見られます。
台湾式のほうが若干刺激が強いようで、人によっては
痛みを感じることもあるようです。

リフレクソロジーは足裏マッサージとして有名になりましたが、
マッサージという名称は法的には医療類似行為とされ、
あん摩・ハリ・灸などの免許を持っている人しか行えません。
つまりこれらの資格を持たないリフレクソロジストがマッサージと称することは、
医師免許を持たないものが診療行為を行うのと同様と解釈され、
行政指導を受けることがあります。

現在マッサージという名称について議論が行われており、
リフレクソロジーがマッサージなのかどうか、という議論には結論が
出ていないのが現状です。

リフレクソロジストになるためには、養成学校に通学する、
通信講座を受けるなどで技術を身につけることができます。

それからサロンに勤めるわけですが、リフレクソロジストの給料は
雇用形態や地域によって給料は異なります。

パート・アルバイトでは時給850円〜1500円ほどで、
正社員では初任給が18万円程度です。

日本リフレクソロジー協会が経営しているサロンのクイーンズウェイという店舗では、
リフレクソロジストの給料(初任給)が25万円からと比較的高いです。

独立した場合ですが、50分ぐらいのコースで1人5,000円が相場のようです。
後はどれだけ客数を伸ばせるかです。
リフレクソロジストの給料は、まだ職業としての認知度が低いために、
勤務地や条件によって大きく異なります。

リフレクソロジストの給料が気になる方は、実際に求人広告を確認してみるのが一番でしょう。