医療事務の志望動機

医療事務の志望動機について


医療事務の志望動機は、内定をもらうう上で非常に重要なようです。
医療事務といえば病院などで医療費の計算をしたりする仕事ですが、
就職先は病院となるため、なぜその病院で働きたいのかなどを履歴書の
志望動機欄に記入することになります。



医療事務の仕事に限らず、ほとんどの仕事は複数の就職先があります。
医療事務では他の医療機関でも仕事ないような一緒ですから、
なぜその病院を選んだのかが重要になってきます。

医療事務の仕事に就きたい理由を書いても、面接官から
”どうしてこの病院を選んだの?”と聞かれてしまいます。ですから、
医療事務の志望動機では、あなたがその病院を選んだ理由を書きましょう。

良く、”給料がいいから”とか”自宅から近いから”などとは
書かないほうがいいといわれますが、個人的にはOKだと思います。
こういったことも正直に書いたほうが、あなたの正直な人柄が
伝わるのではないでしょうか。

なにより、この人なら安定して長期で働いてくれると思うかもしれません。
もちろんそれだけでは楽にお金がほしい人と思われても仕方がありませんので、
その病院の良さなどを盛り込んでみると良いでしょう。
実際に診療した時の感想等があればベストです。

中には、たまたま募集広告を見つけたという方もいるかもしれません。
そんなときに医療事務の志望動機を考えるのは大変だと思います。
行ったことのない病院かもしれません。
そんなときは、募集内容に対して思ったことを書きましょう。
どうして募集内容に惹かれたのか、です。

たとえば、”安定性のある仕事だと思った。”とか”残業や休日出勤が少ないから。
”でもOKです。足りない部分は面接でカバーするようにしましょう。

例えば、”実際にこの病院を訪れてみて非常に雰囲気が良かった。
”とか”看護士さんが非常に丁寧にお年寄りに応対していたのに感動した。
などなど。


面接官が聞きたいのは面接用に用意された答えではなく、あなたの人柄です

履歴書や面接はその取っ掛かりと考えるようにしましょう。

また、”自分の持ってる資格を十分に考えると
医療事務が最適の選択だった。という理由も手です。

例えば手話を使えるなどは医療機関では優遇されます。
ボランティアでの介護経験があるなどもOKでしょう。
医療事務の志望動機では事務以外での資格・経験もプラスになります。

医療事務の志望動機では、コミュニケーション力のアピールも大事です。
医療事務はチームプレイですので、チームの一員として働けるということを
アピールしましょう。

高校・大学時代の活動などをアピールすれば、
本当に社交性のある人間だということが分かってもらえるはずです。