住宅ローンの金利推移 詳細情報 他


住宅ローンの金利推移について詳しく解説

住宅ローンの金利推移・・・月々の返済額に直結しますから、心配してしまいますね。
住宅ローンはフラット35などで35年ローンが組まれることが一般的ですが、
もし2500万円の住宅ローンが残っていた場合、金利が2%上がるだけで、
毎月の返済額は3万円近く増えてしまうことになります。
といっても金利に関しては、専門家だって動向をずばり予想することはできないのです。

スポンサードリンク


住宅ローンの金利推移、月々の返済額に直結しますから、ドキドキしてしまいますよね。
特に家計を預かる奥さまは、ローン返済の度不安になることもしばしばあります。

住宅ローンの借り手側としては、金利がこの先上がるのはいつ、
どのくらいかが気になるポイントです。
でもこの時期に何%金利が上昇する!なんて予測を100%的中させるのは不可能
なんです。それが経済の難しさです。ただ、100%的中されることはできなくても、
過去のデータからある程度の予測は立てることができます。

過去のデータをグラフ化してみると、金利の動向は上下激しいことが分かります。
上がったり下がったりを順番に繰り返しているパターンで、現在はちょうど
下がり気味、、ということは間もなく上昇することが予想できますが、
やはりなんとも言えない部分もあります。

ちなみに過去35年間の住宅ローンの金利推移を見てみると、
大きく上がったのは3回、しかも上昇する時はあっと言う間で、1年前後で
金利は上がりきっています。
逆に下がる時はゆっくりなんですが。住宅ローンを組む際に金利が
気になってしょうがないという方は、変動金利ではなく固定金利に切り替えるしかありません。

住宅ローンの金利推移以外にも、お役に立つ情報がありましたら、また掲載いたします。